顔のテカリの原因や正体とは一体!?

顔のテカリ

皆さんは一日の始まりである朝はどのように過ごされますか?

 

 

まず、快眠した朝などは爽やかな目覚めが予想されます。女性であれば低血圧の方が多いと思われますので、目覚めのコーヒーを頂いているかもしれませんね。
頭がスッキリしたところで洗面所へ向かいます。
鏡に写る自分の顔は…果たして、晴れやかに輝いているでしょうか?
光を反射しているその顔はツヤツヤでピカピカと言うより、ドロッとしていて脂でテカっているのです。
個人の体質にもよるのでしょうが、ギトギトにテカった顔を朝から見ると正直気分が萎えそうになります。

 

 

 

食べ物などで「脂分」をよく摂る人は結構皮脂が多いと聞いた事があります。
そこで考えてみると、「脂分」と聞いて思い浮かべるのは「肉類」だったり「スナック菓子」だったりします。特に「スナック菓子」は脂分が多いのではないでしょうか?
何故スナック菓子は脂分が多いと考えるか、その理由は「油で揚げる」イメージが強いからでしょう。

 

 

 

人はそもそも「皮脂」が全くないわけではありません。「皮脂」の役割は肌を乾燥から防ぐ事であったり、直射日光による肌へのダメージを緩和する事などが考えられます。
数年前、とある番組を視聴していたところ、フィンランド人は冬の間洗顔しないという話をしていましたが、冬は肌が乾燥しやすいし、凍傷の恐れがあるからだと知りました。

 

確かにそうです。

 

冬は乾燥しやすいから洗顔したあと、保湿液や保湿クリームで肌を乾燥から防ごうとします。

 

それは、洗顔することにより顔の「皮脂」が洗い流されてしまうからです。
そういう事を踏まえると皮脂を完全に洗い流してしまうのも考えものです。肌を守るために分泌されているのですからね。

 

 

ただ、毎朝テカりがすごいのは、前述した「個人の体質」と「スナック菓子」など脂分の多い食べ物を摂取するという事が原因とも考えられるでしょう。

 

また、現代人は、冷房がガンガンに利いた職場で仕事をしたり、冷房をガンガン利かせた自宅で過ごしたりと肌が乾燥しやすい環境に日々晒されている状態です。
冷房を止めろとは言いません。それにより熱中症を防ぐという一つの「対策」だと分かっているからです。

 

 

朝起きて顔のテカりがすごいのは、つまり、一晩肌乾燥の危機に晒されている私達の肌を守ろうとする機能であり、著しく乾燥がひどい人ほど顕著に現れる現象なのです。
テカりがひどいからと言ってマイナスに考えるのもいかがなものでしょう?考え方次第でプラスとなりうるのです。

 

 

 

顔のテカリを解消して20代までには婚活を終了したい方必見!